在籍確認の主たる特徴とそのポイント

即日タイプの融資商品で申し込みをしますと、たいていは電話がかかってきます。いわゆる審査の都合により在籍確認がある訳ですが、それには様々な特徴やポイントがあります。その電話をしっかり受ける事ができるかどうかが、審査で通るか否かに関わってきます。

勤めている事実を確認したい

まずその電話の意味ですが、お勤め先の状況を確認する意図があります。そもそも融資商品では、お勤め先の状況は重要度が高いです。返済の為には、安定した収入が求められる事になるので、金融会社としては金融状況を確認したい訳です。ただ融資商品の申込者によっては、虚偽のデータを送信している可能性もあります。記入された会社にて本当に働いているかどうかを、事実確認したい訳です。それで敢えて勤務先に電話をかける訳です。

審査の最終段階で電話が来る

その電話で何も問題がなければ審査に通る可能性が高いです。というのも審査の最終チェックの為に、その電話が来る事が多いからです。審査にも色々な段階があり、第1段階や第2段階など複数に渡ります。そして前述の電話は最終段階となるので、その電話を受ける事ができれば、たいていは審査に通る事になる訳です。

名乗りはどうなるのか

ところで金融会社から電話が来るとなると、どのような名乗りになるのか気になる方も見られます。というのも人によっては、内緒で借りるケースもあるからです。例えばお勤め先に秘密にする方々も、たまに見られます。会社には内緒で借りたいので、あまり社名を名乗って欲しくないとも思う方も見られます。どのような名乗りになるかは、金融会社次第です。賃金業者の場合は、社名が出ないケースが大変多いです。あくまでも電話担当者の個人名だけになります。しかし大手の銀行の場合は、あえて堂々と名乗ってくる事もあります。ですので、名乗りがどうなるかは金融会社次第と言える訳です。

電話自体は手短に終わる

そして金融会社からの電話は、それほど長くなりません。基本的には30秒くらいで電話が完了するケースが多いですが、やはり金融会社によって差があります。中には1分前後の会社もありますが、さすがに数十分もの電話はあり得ません。基本的には短時間で完了するのが、在籍確認の特徴です。

最終確認の電話を確実に受ける

このように電話自体は非常に手短で簡単なのですが、確実に融資を受けたいと思うなら、とにかく在籍確認を確実に完了させるのがポイントです。前述のように審査の一番最後の段階となるので、その電話を受ける事ができれば、たいていは審査に通るからです。ですので、できればお勤め先の電話担当の方に在籍確認の話をしておくと、融資も受けやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です