アルバイトの収入でも即日融資はできるのか

・お金を借りられるのは正社員のみというイメージ

お金を借りる事ができるのは、正社員などの信用があり収入も高い人のみだというイメージをお持ちの方は少なくないのではないでしょうか。確かに従来お金を借りるとなると銀行に借りる、しかも数万円などの単位ではなく多額のお金を借りるというケースが多かったので、前述のイメージを抱いてしまうのも無理はないと言えるのでしょう。そのため、アルバイトなどであまり収入がなく信用もないという方は、自分ではお金は借りられないと思い込んでしまう方も多いと思います。しかしアルバイトであっても急な出費、思わぬ出費でお金が必要になる事もあるはずです。そんな時に即日融資が利用できればと思う方は多いでしょう。実際のところイメージとは違いアルバイトの方であっても、条件をクリアしていればカードローンで即日融資が可能です。

・アルバイトでも即日融資を受ける条件

アルバイトであっても、今はカードローンなどであればいくつかの条件をクリアする事によって即日融資は受けられます。その条件をこれから紹介していきますので、どうぞ参考にしてください。カードローンで即日融資を受ける条件としては、安定した収入がある事、20歳以上である事、過去に金融事故がない事が主なものとしてあげられます。これらをクリアしていれば、カードローンに申込みをして審査に通れば即日融資を受ける事が可能です。カードローンは高い収入や高い信用がなくても、上記の条件をクリアできていれば利用できる可能性がありますから自分は無理だと思い込まないようにしましょう。

・アルバイトの方が即日融資をする際の注意

アルバイトの方でも条件を満たせばカードローンの即日融資に申込みができ、そして審査に通れば即日融資を受けられるという事を述べてきました。しかし一つ注意点があります。それは、必要以上にお金を借り過ぎないという事です。アルバイトでも比較的気軽にお金を借りる事ができるという事で、どんどん借りてしまう癖がつく方も少なくありません。ボーナスがある正社員であれば、少し借りすぎても臨時収入にて返済がどうにか可能です。しかしアルバイトの方にはそれがないので、一度借りすぎるとかなり返済が大変になります。即日融資が受けられるのは嬉しい事かもしれませんが、この注意点も忘れないでください。

アルバイトも即日融資可能だが注意も

アルバイトであっても、安定した収入があるなどの条件をクリアしていればカードローンの即日融資に申込みができます。そして審査に通れば即日融資を受けられるでしょう。正社員や高収入の人しか即日融資は受けられないと思ってしまっていた方は、是非ともその認識をあらためてみてください。ただし、アルバイトの方がカードローンを利用する際には、借り過ぎないように注意をしましょう。一度借りすぎてしまうと、どんどん利息もつきますし、ボーナスもないアルバイトの方は返済が本当に大変になりますのでそこは注意をなさってください。

在籍確認の主たる特徴とそのポイント

即日タイプの融資商品で申し込みをしますと、たいていは電話がかかってきます。いわゆる審査の都合により在籍確認がある訳ですが、それには様々な特徴やポイントがあります。その電話をしっかり受ける事ができるかどうかが、審査で通るか否かに関わってきます。

勤めている事実を確認したい

まずその電話の意味ですが、お勤め先の状況を確認する意図があります。そもそも融資商品では、お勤め先の状況は重要度が高いです。返済の為には、安定した収入が求められる事になるので、金融会社としては金融状況を確認したい訳です。ただ融資商品の申込者によっては、虚偽のデータを送信している可能性もあります。記入された会社にて本当に働いているかどうかを、事実確認したい訳です。それで敢えて勤務先に電話をかける訳です。

審査の最終段階で電話が来る

その電話で何も問題がなければ審査に通る可能性が高いです。というのも審査の最終チェックの為に、その電話が来る事が多いからです。審査にも色々な段階があり、第1段階や第2段階など複数に渡ります。そして前述の電話は最終段階となるので、その電話を受ける事ができれば、たいていは審査に通る事になる訳です。

名乗りはどうなるのか

ところで金融会社から電話が来るとなると、どのような名乗りになるのか気になる方も見られます。というのも人によっては、内緒で借りるケースもあるからです。例えばお勤め先に秘密にする方々も、たまに見られます。会社には内緒で借りたいので、あまり社名を名乗って欲しくないとも思う方も見られます。どのような名乗りになるかは、金融会社次第です。賃金業者の場合は、社名が出ないケースが大変多いです。あくまでも電話担当者の個人名だけになります。しかし大手の銀行の場合は、あえて堂々と名乗ってくる事もあります。ですので、名乗りがどうなるかは金融会社次第と言える訳です。

電話自体は手短に終わる

そして金融会社からの電話は、それほど長くなりません。基本的には30秒くらいで電話が完了するケースが多いですが、やはり金融会社によって差があります。中には1分前後の会社もありますが、さすがに数十分もの電話はあり得ません。基本的には短時間で完了するのが、在籍確認の特徴です。

最終確認の電話を確実に受ける

このように電話自体は非常に手短で簡単なのですが、確実に融資を受けたいと思うなら、とにかく在籍確認を確実に完了させるのがポイントです。前述のように審査の一番最後の段階となるので、その電話を受ける事ができれば、たいていは審査に通るからです。ですので、できればお勤め先の電話担当の方に在籍確認の話をしておくと、融資も受けやすくなります。

ファッションの仕事はお金が掛かります。

誰でも知っているブランドものを販売している大手の倉庫でサラリーマンとして働いていますが、洋服好きはお金が掛かるためキャッシングでお金を借りていました。

○倉庫で毎日服を扱う仕事は自分には最高でした。

ブランドモノの洋服が毎日のように入荷され、それを棚にしまったり、お客さんから注文が来たらそこからピッキングしたりなどの仕事をしていて、相当な数を取扱っていたので服好きな自分は最高な場所でした。サイトなどでその服を観ることはできますが、実際に手に取ることはなかなか出来ません。しかし毎日服を観ていると欲しくなるもので、毎月何点か買うようになっていたのです。社員だと社員割引の価格で購入もできたし、普通だったら配送代などが掛かるところも無料で済むのでかなりお得でした。

○ブランドものは決して安くはないのでお金はすぐに消えていきます。

だいたいシャツなどユニクロなどで購入すれば3000円ぐらいで買えますが、やはりブランドものというだけあって1万以上は絶対にします。ですので毎月何点か購入するとすぐに5万ぐらいになっていて、服のお陰で他の遊ぶお金など一切ありませんでした。社員なのでボーナスがありボーナスを結構あてにしている部分も大きく、毎月お金が足りない分は即日融資で借りて購入してました。

○即日融資の分はボーナスで返済

即日融資のきっかけは、お金を借りて服を買っていた先輩がいて、その先輩から服をうまく購入する方法を伝授されたからなんです。先輩が融資してもらったところであれば同じ職場だし絶対に借りれると思い、即日融資をしてもらったのです。先輩から在籍確認はあるから電話が掛かってきたら呼んでやるよと言ってくれて、自分の場合倉庫なので電話がなく先輩がいる事務所に在籍確認してもらうようにしました。毎月の返済は5000円ぐらいなので大きな負担にはならず、最近はちょっとは自由に服を買えるようになりました。服で借金まみれだけにはなりたくないので計画を立てて行こうと思ってます。

●即日融資してもらって毎日が楽しいです。

やはりファッションの仕事は実際に着てみないと良さが分からないので、即日融資してもらうと結構自由に服を選ぶことが出来ます。友達から「この服どう?」って聞かれて答えられないのも恥ずかしいので。自分の場合は融資してもらうのは毎月3万までと決めていて、それ以上はセイブするようにしています。たくさん買いすぎると後がキツイですからね。

カフェの厨房で働いている27歳の男ですが、給料が少なく面接活動の費用をキャッシングで即日融資で助けてもらいました。

○赤坂の誰でも知っているカフェでアルバイトをしてます

大学を卒業してから赤坂にある有名なカフェでアルバイトすることになったのです。そこのアルバイトは昼ご飯付きだったのが決めてで働きはじめたのですが、時給が900円なので学生並みに給料が低いんです。赤坂なので他のところでご飯などを食べると毎日1000円掛かるため、アルバイト先の昼ご飯1食で毎日暮らしてました。しかし友達からの飲みの誘いなどがあるとすぐにカツカツになり、電気なども何回も止められたことがあります。ガスを止められても全然平気なのですが電気を止められると生活がまったく出来ないんです。ほんとは今頃就職をしてバリバリ頑張っている生活のはずだったのですが、それが就職活動が全滅で、今のアルバイト生活が始まりました。

○正社員になれるように活動はしています。

しかし今のアルバイト生活を長くは続けようとは思ってないので、ここからどうにか脱出する為に面接などは受けるようにしています。しかし面接の時にはアルバイトを休んだりしないと行けない為、給料が減ってしまい悪循環になっていました。給料が減ると面接用の履歴書などを買うお金がなくなり、交通費も掛かるため、面接に行くと平均で1000円は絶対に掛かってきます。この1000円で牛丼何杯食べれるだろう?とか思うようになっており、お腹が毎日のようにグ~グ~なっていたのです。

○アルバイトでもお金を貸してくれるところがあったのです。

毎月の給料が平均して15万前後だったので、お金を貸してくれるところはないとばかり思っていたのですが、消費者金融の広告などを観るとアルバイトでも可となっているところが多かったので、ここは面接の費用などは借入して就職が上手く行ったらその時に一気に返済しようと考えたのです。消費者金融の窓口に行き自動契約機の個室で申込をしました。申込はすべて自動で、免許証のコピーなども自動でやってくれて、申込用紙を書いたらスキャン機能に通すだけというもので、審査をその場でお待ちくださいというアナウンスがありドキドキしました。これで審査に通らなかったら面接活動もうまく行かないだろうなぁ~と思っていたので。審査が終わり限度額などが書かれてある書類が出てきて即日融資可能でホッと一安心しました。これで面接も合格できるような気がします。

20年前の大学生によるキャッシング・ローン

大学の授業料を自分で払うことに。

20年前、諸事情により、親の不手際につき、大学の学費・授業料を自分で払うことに。これを払わないと卒業できません。内定している大学院にも進学できません。当時、国立の大学授業料は年額約50万円弱。アルバイトはしていたけど、そんなに貯金はありません。親にも相談できません。というより、親が原因なので頼れない。学生なので、銀行でも借りられるわけがないし、友人も学生なので無理。そこで、当時CM等でよく知られていたサンライフの「るすばんくん」を利用することにしました。※2016年現在、サンライフは存在しません。

■20年前の即日審査

まずは審査をすることに。無人型のATMのような部屋に入り、免許証・収入・理由等の個人情報を用紙に記入し、機械に通しました。すると、機械の画面に担当の方が出てきて、TV電話状態に。担当と用紙に記入した内容についての確認を再度し、しばらく画面前で待機することに。待つこと10分。この時間が審査の時間だったみたいですね。結果ですが、飲食店や家庭教師のアルバイトでそこそこの収入が当時あったのが良かったみたいで、無事審査には通ることが出来ました。そして、その場で申請額の50万円を借入することとなりました。

■返済、しかし減らない元本

返済はリボ形式しか選べず、当初は月額2万円の返済を指定されました。2万円なら何とかアルバイトで返済できます。ただし、金利は年率20%をこえていたため、なかなか元本が減っていきません。毎月2万円返済した分のうち、金利分は1万3千円程です。元本からは月に7,000円程度しか減っていきません。そして、返済をしばらくしていき、元本が残り40万円を切ったころです。

「毎月の返済は15,000円で良い」と通知が来ました。「少し楽になる!やった!」と最初の月は思ったのですが、翌月になってやっと気づきます。15,000円だけの返済にすると、やはり、元本は7,000円ほどしか減らないのです。早く返済を済ませたいのに、これでは返済完了が遅れてしまいます。なので、翌月からはやはり2万円ずつ返済を続けていきました。

■在籍確認

大学を無事卒業し、ある企業に契約社員として数年間勤めていました。サンライフからは、不定期に在籍確認が入りました。「○○と申しますが、□□さんいらっしゃいますか?」という文句で必ずかかってきます。○○の名前はだいたい2・3人の名前をローテーションして使っている様子でした。困ったのは、必ず勤務時間中に会社へ電話をかけてくること。毎回毎回「○○ってだれ?」という受付担当からの質問に対して、適当な返事をするのが面倒でした。

■誰にも知られてはいけない。

この借入は、いわゆる「サラ金からの借金」です。親にも友人にも誰にも知られたくはありません。だから、返済には細心の注意を払いました。ATMに行く時間帯はなるべく夜間に、なるべく人通りが少ない店舗に、自分だとわからい格好で。そのためには、どこに店舗があるのか把握しておく必要があります。当時のサンライフは県内外に複数店舗あり、状況によって店舗を選ぶことが出来ました。

■増額の勧誘を受ける

ある程度、元本が減ってきたところに、突然一本の電話が鳴りました。内容は「あなたは当社の審査を受けて、増額融資の資格を得ることが出来ました。来月より、限度額が現在の50万円から100万円に上がりますが、お手続きなさいませんか?」というもの。もちろん私は断りました。どんどん元本を減らしているのに、今すぐにでも全額返済したいのに、どうして新たに融資=借金を増額しなければならないのか、甚だ疑問でした。ま、なかにはやりくりが上手くいかなくなって、自転車操業になっている人もいるのでしょうね。そんな人からすれば、喉から手が出るほど有りがたい勧誘だと思います。

■念願の解約

順調に返済できた月もあれば、できなかった月もあり、全額返済には5年ほどを要しました。簡単に計算すると、5年×12ヶ月×2万円=120万円を、一時の50万円捻出のために支払ったことになります。最終月に支払いを終え、ATMで解約手続きをし、カードを破棄し、とても解放された気分になったことは、今でも鮮明に覚えています。いかし、誰にも明かすことはできませんけどね。

即日融資が受けられ本当に人生の危機から助かりました

私は社会人になって相当長い間サラリーマンとして働いています。仕事で冠婚葬祭費用や交際費が非常に多くかかることから、結婚している妻といつもお金のことで喧嘩をしていて夫婦関係が危機的な状況となっていました。そんな中で会社の同僚から教えてもらったカードローンを利用することにより、なんとかお金の問題を解決することが出来るようになったのです。

社会人は交際費が必要な場合が多い

私の会社は他の会社と比べても社員同士の人間関係を重要視する会社で、私は結婚していますのでなかなか独身の社員と同じように交際費を捻出することが難しい状況が続きました。私は無駄な交際費を削減しようと、会社の飲み会など不参加な時が多かったのですが、やはりきちんと飲み会に出席しないと、なかなか社員同士のコミュニケーションを図ることが難しく苦労をしていました。また冠婚葬祭費用などで緊急に多くのお金が必要な時もあり、そんな時に妻にお金を出してもらうことが難しく、いつも妻と喧嘩ばかりしていたのです。

カードローンは即日融資が可能

私は会社の仲間が北海道旅行に行こうと計画しているのを知っていましたが、どうしてもお金を工面することが出来ず、旅行に不参加を表明していました。しかしこの旅行には上司の方も参加するとのことで、私は非常に危機感を持っていました。上司との関係を良好に保つには、やはりプライベートでの付き合いが重要だと実感していましたので、私はなんとしてもこの旅行に参加しないとまずい状況となっていたのです。私はこの問題を会社の同僚に告げると、会社の同僚も旅行に参加するとのこと。私は悩みに悩んでいたら、同僚がカードローンのことを私に教えてくれました。同僚もカードローンを利用して旅行費用を工面するらしいのです。カードローンは即日融資が可能であり、審査も非常に速いことからすぐにお金を借りることが出来るらしく、私も消費者金融でカードローンの契約をすることになったのです。

本当に即日融資が可能でした

私はすぐに午前中に会社のパソコンからカードローンの審査を受けることになりました。審査内容は非常に簡単で私は審査の申し込みをして3時間後に審査合格の連絡を受けたのです。あまりにもスピーディーで私は拍子抜けしてしまったぐらいです。午後に無人契約機でカードを受け取りすぐにお金を借りる段取りが出来てしまったのです。これでなんとか上司との北海道旅行に参加できることになり、私は社内での立場を危うくすることはなくなり一安心でした。本当にカードドローンに救われたと感じた次第です。即日融資が出来る現在の消費者金融は本当に困っている人を救ってくれる救世主です。

社会人はカードローンが必要

社会人は何かと緊急にお金が必要な時が出てきます。私もカードローンに助けられた過去を持ちますので、カードローンのありがたみを実感している毎日です。緊急の保険としてカードローン1枚持っておくことは必要だと実感しています。審査もスピーディーで即日融資が可能ですので、本当に消費者金融のサービスには驚かされるばかりです。